じゅうたんの機能や役割

インテリア雑貨としてフローリングに用いりたいのが敷物となるじゅうたんで、ハウスダストなどの埃が舞い上がりやすい難点を抑えてくれる利点があります。製品選びとして、アレルギー体質の子供がいる家庭では、化学繊維のものより、天然素材で織られたものの方が静電気も発生しにくく、埃などのハウスダストも掃除機などで取りやすいなど、ただの敷物としての使い方以外にも魅力が多数挙げられています。また、近年の住宅事情や生活環境において、外国寄りのインテリア性やデザイン性が採用されており、土足での生活でもじゅうたんが利用でき、土埃などを室内に舞いにくくする役割は魅力となっています。織りの密度も高く、食べカスやダニなどが侵入せず、天然素材は通気性にも優れているため、通年通してフローリングの敷物として機能できるのも利点です。

音に配慮できるじゅうたん

インテリア雑貨にはじゅうたんも色柄豊富に展開されており、厚みのあるじゅうたんを選択する一工夫によって、防音効果を得ることができます。特にマンションなどでは生活音が響きやすく、ある程度の厚みと、素材となる毛の密度が高いじゅうたんを選ぶことで遮音性や、生活音の吸収性が高まります。さらに敷物としてのメリットには、趣味や娯楽の1つにオーディオルームを設計している家庭が増えていることもあり、音の共鳴を防ぎ、外への音の響きにも配慮することが可能です。また厚みがある分、滑りやすいフローリングの床材に敷くことで、重さで固定されて滑りにくくなるだけではなく、厚みが転倒などの衝撃を吸収してくれるため、高齢者や小さなお子様にも安心です。敷物として足への負担はもちろん、座り心地や寝心地など、敷くお部屋にあわせて素材の感触を選ぶのもポイントとなり、毛足の長さなどもバリエーションに富んでいます。

じゅうたんを変えて家族でコミュニケーション

じゅうたんというのは一度敷いてしまうと、かなり傷みが目立つまで変えない人も多いでしょう。変えたいとは思っていても、たくさんの家具がその上に置かれているので、そう簡単には変えられないという場合も多いでしょう。しかし、じゅうたんはふるくなると、ペタッとしてきますし、掃除機をかけても髪の毛やほこりがだんだん絡みついて取れなくなってきがちです。ですから、大掃除などの時にでも、家族総出で取り替えれば、よいコミュニケーションの時間になるはずです。ひとりでは動かせない家具も、3人いれば、2人で家具を動かしている間に、1人がじゅうたんを動かしたりできます。ですから、家族が全員いる時が良いチャンスです。ただし、子供が小さいとか、ほこりに弱い人が家族にいる場合は、その人がいない時のほうがいいでしょう。新しいものに取り替えたら、室内がとても清潔になりますし、楽しい家族時間を過ごせたあとは気分も少し楽しくなるでしょう。