ペットを飼っているならじゅうたんを敷こう

犬や猫を飼っている場合、じゅうたんを敷いた部屋よりも、お掃除が簡単にできるフローリングの部屋のほうが都合がよいと考える人は多いでしょう。しかし、実際に犬を飼ってみたらわかるのですが、多くのフローリングでは上手に歩けない犬が多いです。時々、ペットが滑りにくいコーティング剤でコーティングをしてるフォローリングもありますが、一般的ではありません。フローリングの上で足を滑らせる犬や、転ぶ犬、歩こうとしない犬が多いです。特にシニア犬の場合、足腰が弱っている子が多いです。フローリングでは危険です。猫の場合は犬のように、フローリングで足を滑らせたというような話しはあまり聞きません。けれど、やはりシニア猫になった場合には多少なりとも負担になるかもしれません。ですから、ペットがいる場合はじゅうたんを敷いてあげたほうが良い場合が多いことは覚えておきましょう。特にシニア犬の場合、要注意です。

床暖房対応のじゅうたん

フローリングでも、やっぱり真冬にはポカポカのじゅうたんを敷いて、寒さを凌ぎたい様な気がします。ソファの下にちょっと敷くラグは、モダンでオシャレで、ここ数年のリビングスタイルとしても流行していますが、最近マンションの設備としては定番になりつつある床暖房等で温かいフローリングだと、ちょっとそこにじゅうたんを敷いて、子猫みたいにごろごろしたい気分になります。個人的には、キャッベ柄の物などが温かみがあって可愛い気がしますし、丸や楕円などの毛足の長いタイプを部屋の中央にアクセントで引いてみるのも、部屋のアクセントになって、こちらはモダンでシンプルな印象を受けるでしょう。床暖房使用の場合、下に敷くカーペットもそれに対応した物が販売されています。種類によっては床暖の暖かさで素材が傷んだりもするそうですから、対応商品の購入が好ましいでしょう。

子供にはじゅうたんがおすすめ

都内にお住まいの若いサラリーマン世帯の中には、マンションやアパートなどの集合住宅で子育てをしているというケースも多いかもしれません。子供がある程度大きくなってからであれば、上の階や下の部屋の人の迷惑にならないように、静かに生活をするようにしつける事も可能となりますが、まだ赤ちゃんのうちなどは、子供の出す騒音で困ってしまうことも珍しくはありません。いくら注意したとしても、早朝からドタドタと走ってしまったり、夜中に大きな声で夜泣きをしたりする事も当然のように起こります。しかし、子供に我慢させるのには限界がある事もありますし、小さい子に無理をさせてしまうのはよくありません。そこでお勧めなのが、じゅうたんを敷くという事です。音を吸収するという効果があるので、親御さんも心にゆとりを持って生活をすることが出来ますし、子供が転んでケガをするのを防ぐという、二次的な要素もあります。