正しいじゅうたんの選び方とは

じゅうたんは、部屋の印象をガラリと変えてくれる存在です。とくに、部屋のイメージを変えたいと考えている人には、ただ敷くだけで効果の高いイメージチェンジが行えるじゅうたんを選ぶことが大切でしょう。しかし、素材やカラーだけではなく部屋のイメージを変える方法があることも知っておくことがポイントとなるでしょう。じゅうたんに引き方には、部屋全体に敷き詰める方法と、中心に敷くセンター敷きがあります。部屋全体に敷き詰めた場合、部屋を広く見せることができます。カラーによってはかなり広く見えてしまうこともあるでしょう。また、センター敷きの場合は、部屋のイメージをガラリを変えることができます。どのようなカラーを選ぶかで、このセンター敷きが生きてきますので、センスがとても重要になってくるでしょう。しっかり選んでみてください。

タイル式のじゅうたんで汚れ対策

じゅうたんを購入する際などに気になることと言えば、やはり汚れた場合の掃除の事ではないでしょうか。大きな一枚仕立てで、毛足が長いものは普段の使用中にはなんの問題もありませんし、ふわふわしていて最高の肌触りだといえます。しかし汚してしまった場合の緊急時などには、その汚れが中々取れにくいことになってしまうと考えられます。しみが出来たからと言って、毎回クリーニングに出すのも費用が嵩んでくると言えます。タイル式のもので、汚れたところだけ交換できるようになっているじゅうたんもありますから、汚す事が多くなってくると考えられる、小さなお子さんがいらっしゃるお宅には、最適だと考えられます。毛足も短めになっていますし、取り外して部分洗いも可能になって来ますので、とても便利で使用しやすいじゅうたんだと言えるでしょう。

気分転換にじゅうたんを敷こう

フローリングのほうがお掃除が圧倒的に楽だということで、じゅうたんを敷かない人も多いでしょう。確かに、フローリングはかたく絞った雑巾で水拭きをすると、美しく輝き、埃っぽさもなくなります。拭き掃除が簡単にできるので、掃除機がなくても過ごせます。ですから、若い人の中にはフローリングには何も敷きたくないという人が多いでしょう。しかし、お住いの地域や環境によってはフローリングだけですと、冬はかなり床が冷たくなり、かなり過ごしにくくなることもあります。そう感じる場合、冬だけでもじゅうたんを敷くことをおススメします。空いたスペースに安い物をたった1枚敷くだけで、足元のぞくぞくする感じはかなりなくなり、びっくりするほど過ごしやすくなります。それで、春になって暖かくなったら、またフローリングだけに戻すのはいかがでしょうか。