じゅうたんの凹みを直す方法

じゅうたんを長く使っていると、ベッドやタンスなど重いものを長時間乗せておいた部分がポッコリと凹んでしまい、何度毛を逆立てて直そうとしても直ってくれない…という困った事態が起こることがあります。一度こうなってしまったじゅうたんは、もう二度と元のような綺麗な姿には戻らないと考えている方も少なくないでしょう。しかし、実はこの凹みはどのご家庭にもある家電で簡単に直すことができます。まずはアイロンを用意して、凹み部分に念入りにスチームを当てていきます。この時、余すところのないように、全体に2、3分吹きかけるのがポイントとなります。更にそのあとは、掃除機でその箇所の毛を吸い込んで元の位置に戻していきます。こうすることで長期間を経て固まってしまっていた毛は解れフワフワになり、見た目も綺麗に元どおりにすることができます。

じゅうたんを選ぶ場合はまずは素材から

部屋の雰囲気作りと実用性を兼ねたじゅうたんを選ぶことは簡単なことではありません。機能をしっかり生かして、さらに自分が求める部屋のカラーも損なうことのない物を選ぶようにしましょう。じゅうたんにを選ぶ場合は、まずは素材から選ぶようにしましょう。オフィスなどのカーペットの場合、耐久性に優れた素材が使われることが多く、さらにホテルなどの場合はいつも綺麗に保つことができる素材が使用されることがほとんどです。よく選ばれる素材として、ウールがあります。ウールは天然繊維であり、とてもバランスの良い素材として知られています。ホテルのカーペットはこのウールが使われることが多く、メンテナンスがとても簡単だということや、汚れが付きにくいといったメリットがあります。さらに汚れを落としやすいということもありますので、バランスの取れた素材だと言えるでしょう。

じゅうたんは強いナイロン素材で選ぶ

じゅうたんを選ぶ場合、重要になるのが素材です。どのような場所で使用されるかによって、素材選ぶのは変わってくることがあります。例えば、オフィスなどの場合は、できるだけ磨耗の少ない強い素材を選ぶことが先決だと言えるでしょう。オフィスでは、机やイスなど重たい物を置く場合が多く、とくにイスなどが擦れてカーペットがすぐに駄目になってしまいます。こういうことを考慮して、素材はナイロンを選ぶことをお勧めします。ナイロンは磨耗しにくいというメリットがあります。また、多くの人が行き来するような通路などにもナイロン素材が使われることが多いでしょう。しかし、ナイロン素材は一度付いた汚れなどは落ちにくいといった欠点があります。とくに、食べ物などの汚れは落ちにくく、色が染まったようになってしまいますから注意が必要です。