機能で選びたいじゅうたん

インテリアアイテムの1つとして、じゅうたんを取り入れるケースは増えていますが、デザイン性だけではなく、機能性があるのも特徴の1つです。例えば、フローリングなどの床の冷気も遮断する役割を担うのも魅力的で、毛足の長さや毛質によっては保温性を高めることができるなど、冷えやすい時期にも最適な敷物です。また、暖房のみならず冷房も逃がさないため、効率良く生活内に溶け込ませることが可能です。さらに、床は傷が付きやすいのが難点ですが、じゅうたんを敷くことで床材を保護できる魅力もあります。特にウール素材のじゅうたんが人気を集めている理由として、インテリア家具を設置した際、時間の経過とともに毛足が蘇生する特徴があり、テーブルなどの重たい家具類による跡やキズを防止するにも利用したい敷物です。カラーバリエーションも実に豊富で、滑り止め加工や抗菌防臭加工などの機能も付帯されているタイプが人気です。

じゅうたんを変えて気分転換しませんか

じゅうたんは部屋の印象をとても大きく左右します。小さなお部屋であっても、床に敷いている物の色や柄、そして汚れなどでかなり見た目を変えます。逆に、小さなお部屋だからこそ、床に敷いている物の影響を受けやすいかもしれません。より狭くごちゃごちゃとしたお部屋に見せるか、実際のお部屋の大きさ以上に見せるかは敷物にかかっていると言ってもいいかもしれません。それならば、少しでも、心地よいスペースにするために、じゅうたんなどを変えてみませんか。例えば、掃除が嫌いな人はほこりが目立ちやすいはっきりした色や暗い色から、少し、淡い色に変えてみませんか。ほこりっぽさは濃いグレーのほうが、薄いグレーよりも目立ちます。同じように、ほこりや糸くずなどはえんじ色のほうが、ピンクよりも目立ちます。自分の生活や性格に合った絨毯にすると、日々の生活がグレードアップし、よい気分転換になります。

リビングに合ったじゅうたん

リビングダイニングなどのお部屋に対し、じゅうたんを敷き、空間をデザインする家庭は増えています。仕切りがない空間となる部屋は、じゅうたん1つでフロアゾーニング効果が期待でき、空間を広く見せる視覚の効果までが得られます。一般的に、無垢の床やフローリングの床に敷くものの、織物の柔らかさを加える一工夫によって、室内の雰囲気までもモダンで優しい空間に仕上げられます。さらに、敷物が占める割合によって、部屋全体の雰囲気も様変わりさせられます。例えば、3人掛けのソファを設置する率が高いファミリー家庭では、ソファ幅より20%程度大きめのサイズ選びでバランス良く見せられます。センターテーブルやフロアーテーブルを設置している場合、テーブルを囲んだ全スペースでゆったりと座れ、1人程度が寝転べるスペースが確保されるサイズが適しており、レイアウトを考えるのも重要です。

室内用・屋外用のクッションフロアもご用意してございます。 諏訪インター店の営業時間は午前9:30~午後6:30です。 カーペットをお探しであれば、必ずお客様にとって最適なものが見つけられますのでご相談頂ければ幸いでございます。 インテリアショップゆうあいは全国送料無料です!(沖縄・離島の一部を除く) お好きな生地をお持ち込みいただければ専門スタッフがお客様だけのカーテンをお仕立て致します。 じゅうたんならこちら